2012年売り上げトップの「ギャラクシー100」

「ギャラクシー」は英語で「天の川」や「銀河」を意味します。天体のように長いものをイメージしてつけた商品名なのかどうかは定かでありませんが、「ギャラクシー100」はペニス増大を目的に開発されたサプリメントで、効果をあげるために100種類もの成分が使われております。

 

「ギャラクシー100」を開発するに当たって採用されたのが「ゴム風船理論」でした。
ゴム風船を膨らますと分かるかと思いますが、初めて膨らますときは風船が製造時の原型を保っておりますので小さくて、自分の息で膨らまそうとすると相当な息を吸い込んで思い切り吹き入れる必要があります。

 

しかし、2回目以降になると、風船は空気を抜いた状態でも、初回の時よりたるみが出て大きくなっており、初回より容易に息を吹き込むことができます。
ペニスも同様に、一度膨張させてその容積を拡大すれば、そのまま持続するという考えの下に、最終的に自分が満足するペニス増大を図ることを目指しています。

 

ペニスの主体となっている海綿体は、その半分近くが体内に入っていますので、血行促進・血管拡張に効果を発揮する成分を使って血液を大量に海綿体の中に送り込み、海綿体の一部を外側に押し出すことでペニスを増大させます。ゴム風船理論に基づき、ペニスを次第に増大させるために、100種類もの成分が使われております。

 

長い開発期間中には、モニターを使った有効性も検証されており、1例では最短1週間で5センチもペニスが増大したそうです。「ギャラクシー100」が目指す目標は20センチのペニス増大ですから、実現するとあまり大きくて自分のペニスの扱いに困るような場面が出はしないかと余計な心配をしてしまいます。

 

実際に「ギャラクシー100」を使った日本人の評価では、「勃起しても4センチ程度だったのが、1ヶ月で10センチに増大した」「平均サイズだったのが20センチ位に増大し、大きすぎて扱いに困っている」など、その効果の高さを実感しているようです。