日本でも人気が出てきたブルーエナジー

エナジーは英語の energy ですから、日本語で言うところの「エネルギー」です。エネルギーは日本では主として電気や石油などのエネルギー(源)の意味で使われることが多いですが「精力、活力、元気」などの意味もあります。

 

ブルーエナジーは、この精力や活力をつけてペニスの拡大を図ることを目的に開発されたサプリメントです。ブルーはこのサプリの錠剤が青色をしていることに由来しているようです。販売されているオフィシャルサイトを見ますと、ブルーの何とも神秘的な画像が使われていて、性的活力が沸いてきそうな感じがします。

 

ブルーエナジーは海外で高い評価を受けています。その理由はペニス増大用のサプリなど必要ないと日本人なら思ってしまう黒人のセックス・ポテンシャルをさらに高める目的で開発されましたので、ペニス増大作用が抜群でしかも短期間でそれを実現してしまうことにあります。

 

それもそのはず、使われている成分はペニス内の血流を活性化させて血管を太くし、海綿体を通じてペニスを拡大する作用があるL-シトルリンをエースに据え、ロディオラエキス、ムイラプアマ(地上部)エキス末、ガラナ末、マカ末、アカガウクルア、トンカットアリ末、セルロース、L-アルギニン、ステアリン酸カルシウム、着色料(食用青色1号アルミニウムレーキ)、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、微粒酸化ケイ素など勃起を促す精力剤とそれを助けるビタミン類などが使われているからです。

 

日本でも人気を獲得しつつあり、口コミでは「初めは半信半疑だったが、飲み始めたら数日で効果が現れた」「彼女がビックリしていた」「大きくなりすぎてパンツのサイズをアップしないといけないくらいだった」などの声が寄せられています。
なお、ブルーエナジーの販売はインターネットに限定されております。